JAM

「やりたいこと」を形にするために考えたこと

投稿日:2017年8月6日 更新日:

こんにちはCA2です。

ロングステイジャムを始めるために、まずは特別な準備なく、長居公園に知り合いを集めてラジカセで音楽かけて踊るだけのパーティーを開始しました。
記念すべき第1回(2010年ぐらいかと記憶しています)は、自分を含めてたったの3人。笑
それでも、定期的に続けていくことで五回目ぐらいには20人以上の人が遊びに来てくれるようになりました。
思い付いたことはまず実行すること、思うようにいかなくても成果が出るまで継続すること、この二つが当時ポイントになったとおもいます。

人が集まってくると、やりたいことが増えてきます。
「mix CDじゃなくて自由に音楽をかけたい」
「音響を良くしたい」
「リラックスできるスペースを作りたい」
等々。

「来てくれた人にもっと楽しんでほしい」という欲がやりたいことにつながり、試行錯誤を繰り返す。
ロングステイジャムの原型が構想レベルでできてきました。

しかし、それらの「やりたいこと」に、第一の壁が立ちはだかります。

次回に続きます。
野外で機材を動かすために

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

横並び(ダブルレクタングル)

横並び(ダブルレクタングル)

-JAM

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅/アウトドア好きWeb系エンジニア。興味あるものに片っ端から挑戦中。javascript、UXデザイン等フロントエンドを軸に、Node.js・PHP・AWS等サーバーサイドも勉強中。Googleローカルガイドレベル8。ブレイクダンサーとしても活動中。香川県出身。

コメントを残す

top