gear outdoor

BBQも焚き火もOK!ユニフレームのファイアーグリル

投稿日:2017年9月7日 更新日:

BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル
こんばんは、CA2です。

BBQがしやすい季節がやって来ました。皆さんBBQはどんなコンロを使っているでしょうか。
私は「ユニフレーム ファイアーグリル」を使っており、BBQにも焚き火にも使用できる1台2役でコストパフォーマンスも高くおすすめです。
今回はそんな優れた焚き火&BBQギア、ファイアーグリルについて紹介します。

詳細

サイズ(使用時):約430×430×330(網高)mm
(収納時):約380×380×70mm
重量(約)2.7kg
材質炉・ロストル(ステンレス鋼)
スタンド・焼網(鉄・クロームメッキ)
分散耐荷重約20kg

特徴

・1台2役
・使い勝手がいい
・収納サイズが小さく、軽量
・邪魔にならない
・別売りオプションパーツが豊富
・競合に比べて安い

1台2役

冒頭でも紹介した通り、このファイアグリル1つでBBQ・焚火が楽しめます。

BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル

BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル

使い勝手がいい

設営も直感的かつ簡単で、スタンドを広げてその上に炉・ロストル・焼き網を乗せるだけです。
慣れると1分で完了できる簡単さです。
ヘリノックスのチェアワン等低めのイスで囲えば、ロースタイルBBQの完成です。
イスに座ったままでBBQができます。
BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル

収納サイズが小さく、軽量

とにかく軽いです。
競合の「スノーピーク 焚火台L」が11kgオーバーなのに対し、
「ユニフレームファイアグリル」は約2.7kg。
驚異の軽さに、堅牢さ・使いやすさを兼ね備える、
最強のBBQコンロ・焚火台といえます。

オプションパーツが豊富

別売りのオプションパーツが豊富で様々な拡張が可能です。

「ヘビーロストル」を用意すれば、ダッチオーブンや土鍋等、重量の思いクッカーを使用できます。

BBQといえば焼きそば、という方には「エンボス鉄板」がおすすめです。
ファイアグリルで鉄板料理が可能になります。

個人的に目から鱗なオプションがこちらの「ユニフレーム FGポットハンガー」です。
ファイアグリルのスタンドに挿すことで、ダッチオーブン等重いものも吊り下げられる囲炉裏風ハンガーとなります。
素晴らしいアイデアです。
BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル

持ち運びやすい専用のバッグもあります。

バッグだけで結構なお値段です。
こちらのバッグがついたセットの方がかなり安く揃えられます。

競合に比べて安い

「ユニフレームファイアグリル」とよく比べられる「スノーピーク焚火台」

ユニフレームファイアグリルの倍以上の価格です。
スノーピークの焚火台はデザインと耐久性が秀逸です.

個人的にはユニフレームのコスパ勝ちかと思います。

総評

「ユニフレーム ファイアグリル」と「スノーピーク 焚火台」は何かと比べられる競合商品ですが、個人的勝敗はユニフレームファイアグリルの圧勝です。
スノーピーク焚火台は、他にない堅牢度や所有欲を満たす品質、などの良さはあるものの、重すぎます。
駐車場からキャンプサイトまでの移動や、気軽にBBQしたいときに、コンロは軽いに越したことはないと思います。
もちろんスノーピーク焚火台の方がおすすめな場合もありますが、一度ユニフレームファイアグリルを試してからでも遅くはありません。
秋のBBQシーズンに、また冬キャンプの焚火に、ユニフレームファイアーグリルを投入してみませんか。

BBQ 焚き火 UNIFRAME ユニフレーム ファイアーグリル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

横並び(ダブルレクタングル)

横並び(ダブルレクタングル)

-gear, outdoor

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅/アウトドア好きWeb系エンジニア。スキムボーダー/ブレイクダンサーとしても活動中。興味あるものに片っ端から挑戦中。Googleローカルガイドレベル8。香川県出身。

コメントを残す

top