outdoor skimboard trip

スキムボード練習のためにウェイクボードに初挑戦

投稿日:

先週末、ウェイクボードのお誘いをいただき急遽南紀白浜へ向かいました。
誘っていただいたのは数週間前に磯ノ浦でスキムボード体験でレクチャーしたグループの面々です。
ウェイクボードを20年以上しているということでスキムボードも初めてで難なく乗り込んでいました。

Austin Keen等トレーニングにウェイクスキムを取り入れているプロスキムボーダーも多いです。


スキムボードで波に乗る感覚を効率よく身につけられそうなので前からやってみたいと思っていたところにタイミングよくお誘いいただきました。

ウェイクボード初トライ


早朝5時起きで南紀白浜へ向かって出発。

指定された場所は白良浜から車で5分程の場所にある海。

このボートで引っ張るようです。

私は人生初めてのウェイクボード挑戦でした。
「3回までの挑戦で立てれないと才能なしです」とのことで、先日私が皆さんにスキムボードをレクチャ―したのに立てなければは格好悪いので意地でも立とうと決意しトライ。
想像以上に強い力で引っぱられたので、1、2回目はもう少しというところで手が離れてしまいました。

魔の3トライ目。

なんとか立ちあがれました。

立ち上がった後の感覚はスノーボードにそっくりで、スキムボードと違ってフィンがある分全く横ずれがなく乗りやすかったです。船が起こす波の外に出て、インに向かって軽いオーリーができました。
次回はへっぴり腰を直してかっこよくライディングしていきたいところです。

午前の部を終えてお昼はBBQをごちそうになりました。

立ち上がること自体が想像以上に難しく、腕の力もなくなってきたのでウェイクスキムは次回に持ち越しました。
何度か練習して慣れたらスキムボードでもできそうです。ただしスキムボードはフィンがないのでロングライドをするのは相当難易度高そうです。
あと、船の後ろに波を起こすためのアタッチメントがあるらしく、それを使えば立ち上がった後は手を放して波乗りが楽しめるそうです。
スキムボードで延々波乗りできる環境はとても貴重なので一気にレベルアップできるのではないかと思います。

ニュースキムボード

先日磯ノ浦で初めてスキムボードを体験した方がNewボードをゲットしたようです。
Dogflut スワローテールのカーボンボードです。
テールに浮力があることと、ターンを開始するコントロールがしやすいというメリットで最近流行のスワローテール。
少し乗らせてもらいましたが、ターン後の距離が伸び、乗っているのが気持ちのいいボードでした。
スワローテールのボードも1枚欲しくなりました。

磯ノ浦でスキムボード練習

一旦大阪に戻り、翌日曜日は再度磯ノ浦で基礎練習。
ターン時の上半身が少し安定してきました。腰のひねりがまだまだ甘いと指摘されましたが、理想のターンを習得するために今週末また磯ノ浦で改善したいと思います。
先日大和川DBスキムにお邪魔して教わった2ローテーションスピンは、ウェーブスキムでもできるようになってきました。
バックサイドターン前にスピンを挟める日もそう遠くないずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

横並び(ダブルレクタングル)

横並び(ダブルレクタングル)

-outdoor, skimboard, trip

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅/アウトドア好きWeb系エンジニア。スキムボーダー/ブレイクダンサーとしても活動中。興味あるものに片っ端から挑戦中。Googleローカルガイドレベル8。香川県出身。

コメントを残す

top