ca2 diy gear outdoor

人気のGoProマウント「ドームポート」の傷を修理

投稿日:2017年9月26日 更新日:

お早うございます、CA2です。
水中と水上を1枚の写真に 人気GoProマウント ドームポート 傷修理 コンパウンド

2017年の9月ももう終わりますね。8月の猛暑が嘘のように涼しくなり秋が近づいていますが、明日から友人3人と石垣島へ飛び立ち、今年の夏を締めてきたいと思います。
旅に向けて撮影機材のGoPro HERO5やa7iiをメンテしていたところ、この夏活躍してくれたドームポートのグラス部分に小傷が増えているのを見つけました。アクリル製のようなのでコンパウンドで小傷ぐらいは消せるのではないかと考え、明日からの石垣に向けて傷の補修を行うことにしました。

ドームポートの傷

水中と水上を1枚の写真に 人気GoProマウント ドームポート 傷修理 コンパウンド

大きな傷が1つついていましたが、粗めのやすりが用意できなかったため小傷だけとることに。
今回は車のボディ&バンパーの傷消しに定評のある「ソフト99 コンパウンドトライアルセット」が家にあったので流用しました。

このセットは細目・中細・極細の3種類のコンパウンドが提供でセットになっていて、小傷ならほとんど消すことができます。

まずは眼鏡拭き等、目の細かい布に細目のコンパウンドをつけて表面を磨きます。
コンパウンドの粒子の荒さを、細め→中細→極細の順に徐々に細かくしていき、表面を水で流すと小傷が消えました。

最初は買い換えも考えましたが、直せるものは直して使うことはアウトドアスキルを磨くのに大切かと思います。
それでは明日から修復したドームポートを持って楽しんで参ります。

水中と水上を1枚の写真に 人気GoProマウント ドームポート 傷修理 コンパウンド

水中と水上を同時に撮影するなら

GoProとドームポートのセットで手軽に水中と水上の同時撮影が可能です。

最強の手振れ補正がついたGoProHERO7

水中と水上を同時に撮影!境界線もクッキリ写せるGoPro用マウントドームポート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ca2, diy, gear, outdoor

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅とアウトドアが趣味のWebプログラマー。他にもカメラ、波乗り、ダンス等興味あるものに片っ端から挑戦中。 javascriptからUXデザインまでフロントエンドを主軸に、Node.js・PHP・AWS等サーバーサイドも勉強中。Googleローカルガイドレベル8。 ボロボロの体と相談しながらbboyとしても活動中。あとたまにDJ。

コメントを残す

top