gear outdoor

GoPro hero6 vs 一眼レフ

投稿日:2017年10月5日 更新日:

9/29にGoProの新型、HERO6が発売されました。

スペックは、HERO5
blackに比べて同じ解像度で撮れるフレームレートが向上、電子手振れがパワーアップ、wifi 5GHzに対応で転送速度向上等の純粋なスペック改善のようです。
その代わりに価格設定が6万弱に戻ってしまいました。

blogなどで一眼レフがいらないという記事も見かけましたが、それは言い過ぎかなと思います。

一眼レフとGoProのような小型アクションカムではセンサーサイズが雲泥の差で、それは画角・光の取り込み量・鮮やかさにそのまま直結します。(フルサイズ:35mmフルサイズ、GoPro:1/2.3型)

HERO4 black,HERO5 black,a7iiを使用してきた体感では、GoProはセンサーサイズが圧倒的に足りないと感じます。

晴天の日はそれなりにきれいですが、少しでも曇るとかなり暗く写ると言うのが正直なところです。
GoProでもRawで保存できるので、現像で明るく鮮やかにしても良いのですが、何十何百枚も撮影した画像にそれを行うのはかなり面倒です。

結論

陸上の撮影は基本一眼レフで、GoProは水中や自撮り、ローアングル用等、一眼レフの守備範囲外をGoProに任せるのが現状ベストと思います。

個人的には、HERO5から6で劇的な改善は見込めないと思うので、HERO5を持っているなら買い替える必要はないかと思います。価格もHERO6の方が1万以上高いので、値崩れしたタイミングでHERO5を買うのもありかと思います。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-501-JP

新品価格
¥50,680から
(2017/10/5 16:53時点)

HERO6 BLACK CHDHX-601-FW

新品価格
¥59,000から
(2017/10/5 10:30時点)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-gear, outdoor

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅とアウトドアが趣味のWebプログラマー。他にもカメラ、波乗り、ダンス等興味あるものに片っ端から挑戦中。 javascriptからUXデザインまでフロントエンドを主軸に、Node.js・PHP・AWS等サーバーサイドも勉強中。Googleローカルガイドレベル8。 ボロボロの体と相談しながらbboyとしても活動中。あとたまにDJ。

コメントを残す

top