outdoor trip

NatureHike軽量コット「屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド」レビュー

投稿日:2018年8月21日 更新日:

白浜町千畳敷近くのキャンプ場、グランパス inn 白浜でキャンプをしてきました。
ここでキャンプするのは2回目です。前回は大雨でした。
今回、キャンプ仲間の石井君が最近購入したNatureHikeの軽量コット、屋外ポータブル折りたたみキャンプベッドを見せてもらいました。

NatureHike ネイチャーハイク 軽量コット屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド hawk zing コット tentock コット

見事なHelinoxコットワンのコピー具合です。少し離れると見わけをつけるのは難しそうです。
品質も悪くなさそうです。

NatureHike ネイチャーハイク 軽量コット屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド hawk zing コット tentock コット

本家はHelinoxとプリントされている部分にNatureHikeロゴがプリントされています。

NatureHike ネイチャーハイク 軽量コット屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド hawk zing コット tentock コット

上の写真を見るとうっすらとしわのようなものが見えます。
Helinoxとの大きな違いは生地のハリでしょう。寝そべった時のたわみもNatureHikeの方が大きいです。
しかし、気になるレベルではないかと思います。

ハリの強さの順位は、 Helinox コットワン > NatureHike ベッド > クオルツ ライトビームコット だと思います。

NatureHike ネイチャーハイク 軽量コット屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド hawk zing コット tentock コット

Helinoxコットワンとの大きな違いは、コットレッグと本体がショックコードでつながっていることです。また、Helinoxのコットレッグはオールブラックで別売りとなっています。

NatureHike ネイチャーハイク 軽量コット屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド hawk zing コット tentock コット

最後に本家Helinox(ヘリノックス) コットワン。たたずまいが美しいです。

石井君が一晩寝てみた感想は、マット泊のように腰が痛くなったりといったことはなく、非常に寝やすかったので概ね満足とのことです。
Helinox コットワンの1/3以下の値段で買えてしまうNatureHikeの軽量コット、コットを新しく買いたい方は要チェックです。

競合比較

High&Low兼用の軽量コットについて、下記3アイテムを比較しました。

  • ・Helinoxコットワン
  • ・クオルツ ライトビームコット
  • ・NatureHike 屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド
ヘリノックス – コットワン + コットレッグクオルツ – 2WAYライトビームコットネイチャーハイク – 屋外ポータブル折りたたみキャンプベッド
重量総重量2.83kg
本体のみ:2.19kg(2.32kg ※スタッフバッグ込み)
コットレッグ:480g(510g※スタッフバッグ込み)
(約)3.12kg3.1kg
カラーブラックブラウン/グレー
サイズ(使用時)Low:190×68×16cm
コットレッグ装着時:190×68×38cm
Low:191×63×26cm
High:191×63×38cm
190 * 65 * 38cm
サイズ(収納時)本体:54×16×16cm
コットレッグ:130×5×370mm
54×20×16cmφ19* 55cm
耐荷重(静荷重)145kg100kg150kg
価格本体:¥35,500 + 税
コットレッグ:¥9,500 + 税
¥12,800 + 税
備考ベンチとして使用可能ベンチとしての使用は非推奨ベンチとして使用可能

-outdoor, trip

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅とアウトドアが趣味のWebプログラマー。 javascriptからUXデザインまでフロントエンドを主軸に、最近はNode.js・PHP・AWS等サーバーサイドも勉強中。 Googleローカルガイドレベル7。 ボロボロの体と相談しながらbboyとしても活動中。あとたまにDJ。

コメントを残す

top