diy event gear outdoor

ロハスフェスタで掘り出し物を探す

投稿日:2018年11月12日 更新日:

おはようございます。CA2です。
昨日はロハスフェスタには初参戦してきました。

フェスの名前は聞いたことがありましたが実際どんなイベントか知りませんでした。

Lifestyle Of Health And Sustainability

ロハスとは英語の頭文字をとった略語の「LOHAS」のこと。自分の身体や心にいいことは地球にも優しいことなのでは?という考え方を基本にしたライフスタイル。日々の暮らしの中で「安ければいい」「便利がいちばん」といった考え方ではなく、こだわりを持って心豊かに暮らすこと。

一人ひとりの生活スタイルが地球の未来を変えてゆく
身体や心に優しいことは地球にも優しいこと。そんな想いから始まったロハスフェスタ。地球環境に配慮した身近な取組として「来場者や出展者の方々にもごみの削減に協力してもらおう」という呼びかけもロハスフェスタの特徴です。

※公式サイトより引用
上記理念のもと始めたフェスで、今では来場者数8万人以上にまで大きく成長したようです。

会場となる万博公園の近くの道路は駐車待ちの車で渋滞、最寄り駅から徒歩での来場の客足も多くありました。
会場に入ると手作り感のあるデコレーションたちがお出迎え。
そして多くの出店ブースが立ち並んでいました。

どうやらロハスフェスタはフリーマーケットでの買い物やワークショップ、フードコーナーを楽しむのがメインのようです。
家族連れのファミリー層が多いのも納得です。

フリーマーケットにはキャンプで使えそうな物も多くならんでいたので、私は掘り出し物のキャンプギアを物色することにしました。

ステンレスのウォータージャグ
流木・木材
椅子・テーブル
ガーランド
等々キャンプで使えそうな物がたくさんあるなか今回の収穫はこちら。


象印のレトロな魔法瓶 1000円
キャンプで冷水やお湯を保温するのに使う予定です。
見た目がタイプで悩まずすぐに購入しました。


給食を運ぶアルミパンケース 2500円
給食を運ぶやつです。9小のテプラが貼ったままでした。


こんな感じで食器類のキャリーケースとしてと、キャンプの夜の浸け置き洗い用のシンクがわりや、ロハスフェスタ後にエキスポシティでサイズがぴったりの水切りかごを買ったので、食器乾燥まで一役でこなす万能食器コンテナとして使う予定です。

スプライトのロゴ入り栓抜き 300円
こちらは写真とり忘れました。
かわいかったので購入。コロナビールとハイネケン用。

こんな感じで普段中々手に入らないレアなアイテムが見つかり大満足の初ロハスとなりました。
来年も掘り出し物を探しに参戦したくなりました。
人と違うギア、市販されてないアイテムに目がない珍しいもの好きな方は要チェックです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

横並び(ダブルレクタングル)

横並び(ダブルレクタングル)

-diy, event, gear, outdoor

ABOUT US

この記事を書いた人
CA2
旅/アウトドア好きWeb系エンジニア。興味あるものに片っ端から挑戦中。javascript、UXデザイン等フロントエンドを軸に、Node.js・PHP・AWS等サーバーサイドも勉強中。Googleローカルガイドレベル8。ブレイクダンサーとしても活動中。香川県出身。

コメントを残す

top